契約法務

法人は様々な相手と契約を交わして事業を行います。取引先との売買契約・請負契約、従業員との雇用契約、資金の借入契約など、あらゆることが契約書に記載された内容に従って進んでいきます。契約書が適切に作成されているかは重要です。

契約書がない状態での取引やインターネット上で無料配布しているような書式をそのまま使うことで、トラブル時に問題が大きくなる危険性があります。契約書を作成する際のポイントは「双方が合意した内容が記載されているか」「トラブルの原因となりそうな規定の有無」をチェックすることですが、一般の人がこれを確実に行うのは困難です。

当事務所では契約法務の専門家の弁護士による契約書のアドバイス、チェック、作成まで状況や形式に関わらず対応可能です。作成済みの契約書に対しての修正の相談、契約の解約のご相談などに関してもお気軽にご相談ください。