労務問題

労務問題は企業にとって法的トラブルになる可能性が高いジャンルになります。労働基準法、労働契約法は労働者を保護するために定められているため、企業側の利益だけを追い求めていると法から逸脱し従業員からの請求や訴訟に発展します。

当事務所では労務問題への最善の対応として、法令を遵守した労務制度を作ることで問題発生を予防するサポートが可能です。トラブルが起こらなければ結果的にコストの軽減にもつながります。

また、実際に労務問題でのトラブルが発生した際にも、当事務所が代理人として窓口になります。時間外手当請求(残業代請求)、解雇、労働災害など。労働組合との団体交渉に関しても対応可能です。

労働組合との団体交渉や訴訟に関しては、法律の専門的な知識が必須となります。さらに、労働審判には適切な対応をしなければなりません。

当事務所では社会保険労務士とも連携を取り、専門的な対応が必要な労務・労災問題について問題解決を図ります。