M&A・事業譲渡

大企業が会社を拡大する手段として行うイメージのあるM&A(Merger and Acquisition)ですが、中小企業でも使われます。株式取得、事業譲渡、合併、会社分割、株式交換、株式移転など方法は多様です。

M&Aを行うにあたっては買い手側・売り手側双方に法的問題がないか監査(デュー・ディリジェンス)が必要となり、譲渡条件の交渉からM&A契約書の作成・チェックまで幅広い業務が発生します。当事務所ではM&Aにおける総合的なサポートを行なっています。会計や税務、労務に関する事柄も、会計士や税理士、社労士、中小企業診断士など各分野の専門家と連携し、M&Aの成功に向けて道筋を示します。