刑事事件

刑事事件は弁護士のスピード感によって大きく結果が左右されます。被疑者は逮捕されてから48時間以内に、警察官から検察官に送致される手続きが行われます。その後、24時間以内に勾留もしくは釈放が検察官によって決定されます。勾留になった場合には最長20日間勾留され、その間に検察官が起訴もしくは不起訴を決定します。

検察官はこの間に交流および起訴するための証拠を集めます。弁護士は早期の接見や示談交渉を行うことで、勾留や勾留延長を防ぎます。検察官により不当な勾留が決定した場合、これに対して準抗告や保釈請求を行うこともあります。

短期間で効果的な弁護活動を行うために、当事務所ではスピード感を重視して対応しております。