少年事件

当事務所では少年事件における全ての手続きに関して、少年自身にとっての最適な処遇を目指して関わらせていただきます。

少年事件は全ての事件が家庭裁判所に送られ裁判官によって処遇が決まるため、弁護士の対応は重要です。少年院送致や成年同様の刑事罰の適用、裁判官との面会もなく終了する審判不開始など様々なパターンがあります。

弁護士は少年の被疑者弁護はもちろん、付添人活動、正式裁判の際の弁護といった裁判に直結する場面への対応が求められます。加えてご家族との仲介や学校や勤務先対応の窓口、否認の際の証拠集め等、広範かつ柔軟な業務を担当します。当事務所は当事者である少年に寄り添い、最良の活動を常に心がけて活動を行う所存です。