債務整理

債務整理事件は「任意整理」「個人再生」「自己破産」の大きく3つに分類することができ、当事務所では依頼主の皆様のご意向や状況に合わせて最適な方針を決定しサポートしていきます。債務総額や保有資産の状況、年齢、家族構成、借金の原因などによって適切な債務整理が変わってきます。

任意整理

任意整理は債権者と債務者が個別に合意をする債務整理方法です。裁判所は通さないため債務の減免は受けにくいですが、残債務額の利息のカットと5年以内の分割弁済で和解となるケースが多いです。

個人再生

個人再生は裁判所を通す債務整理方式です。利息カットおよび大幅な債務の減免が可能です。元金は1/5程度まで下がり、それを3〜5年で弁済していきます。
個人再生をするとローンが残っている住宅を失ってしまうのではないかと不安になる方もいるかと思いますが、条件を満たしていれば住宅ローンが債務整理対象とは区別されます。住宅ローンを払い続けることができるので、安定した収入がある会社員にはメリットがある方法です。

自己破産

自己破産は債務を全額免除できる債務整理で裁判所を通して行います。自己破産時に保有している20万円以上の価値がある資産は破産管財人を通じて債権者に分配されます。ですので、自宅や車など資産がある方には不向きですが、失って困る資産がなければ自己破産はメリットが大きいといえます。

さらに破産時に20万円以上の資産も持っていない場合は、破産管財人もつかず同時廃止事件として扱われます。このケースだと費用や要する期間の負担も少なくなります。

借金の総額が少なかったり資産もないような若い人は、自己破産を選ぶケースが多いです。